「星耕硝子 伊藤嘉輝の仕事」 から(1)蓋付ピッチャー

星耕硝子、伊藤嘉輝さんの個展が近づいてきました。
ふだんの定番のもの以外にも、いろいろと楽しいものをご紹介させていただけそうで、とてもワクワクしています。
このブログでも少しずつお伝えして行きますね。

今回、特別にお願いしてつくっていただいたものがいくつかあります。
その一つが、蓋付のピッチャーです。

DSC_2405

DSC_2419

冷蔵庫に入れて冷やしたいとき、
中身をいれたまま少しの間置いておきたいとき、
ラップフィルムは味気ないし、
「ピッチャーに蓋があったらな・・」と何度か思ったことがあります。

工業製品なら難なくつくれるような蓋も、
吹きガラスで作るとなれば、作り手自身の技術が必要になります。
自由に作品を作れるというだけではなく、
使い手の要望に応える技術を持っているという事に、
やはり仕事人としての力強さを感じます。

以前、ひとりの作業では本来不可能なはずだった、ハンドル付けについて伊藤さんにうかがった時に、(できるようにしてしまったのが小谷真三さん)
「ずっとやってるとできるようになる。」
と淡々とおっしゃったのが、強く心に残っていて、また思い出しました。説得力のある言葉です。

そして伊藤さんらしい優美で流れるような造形が活きていて、
魅力あるものに仕上りました。

DSC_2414

DSC_2415

DSC_2418

青いガラスでも作っていただきました。
星耕ブルーとでもよびたい凛とした藍色。

DSC_2406

DSC_2408

DSC_2424

大きさはどちらも、つまみをふくめH23cm程です。

「星耕硝子 伊藤嘉輝の仕事」は、8/19(土)〜8/28(月)です。(火曜定休)

初日15時からはギャラリートークがあります。
伊藤さんのお仕事を身近に感じて、より愛着が増すことと思います。
ご参加お待ちしております。
お申し込みは、電話 0364323867 もしくはメールフォームより承ります。

手しごと 山藤

湯町窯、ふもと窯、宮内窯 入荷しました。

東京は蒸し暑い日がつづいております。みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか。こう毎日暑いと食事を作るのも億劫になりがちです。そんな夏のテーブルを爽やかに演出してくれる器たちが入荷いたしました。その一部をご紹介いたします。

IMG_5661

IMG_5654

青みがかった海鼠釉ののサラダボールは湯町窯のもの。斜めに入った鎬が美しいです。(直径約15.5㎝)
IMG_5671

ふもと窯 井上尚之さんの切立ち型の鉢。大きめ(直径18㎝)なので、たっぷりのサラダに良いサイズです。
IMG_5672

宮内窯の楕円皿。とても久しぶりの入荷です。立ち上がりがあるので、カレーにぴったりです。(横幅25.5㎝)
IMG_5674

お待たせしました。湯町窯のモーニングカップです。探していた方、お早目にどうぞ!
FullSizeRender

海鼠釉が本当に美しい湯町窯の急須。女性でも片手で楽に使えます。小ぶりの湯呑で2〜3杯入るサイズです。
IMG_5663

湯町窯の黄釉の急須。白や青の器の中にあるととても映えます。サイズは海鼠釉のものと同じです。
IMG_5666

この他にも涼しげな器が入荷しております。
みなさまのお越しをお待ちしております!

手しごと 中里

「やちむんとガラス展」@松江 artos Book Store 7/22(土)から開催

artos2017info

島根県松江市、’artos Book Store’ さんにて、「やちむんとガラス展」を開催いたします。

当店前オーナー久野恵一が著した書籍シリーズ、
グラフィック社「民藝の教科書」(監修)や「日本の手仕事をつなぐ旅」とともに、
実物の手仕事による器を手に取って、気に入った物があれば、実際に使ってみて下さい。

artosさんは、暮しをテーマに、本の楽しみ方を素敵に提案されている町の本屋さんです。きっと何かを見つけるいろいろなヒントが隠されているはずです。
みなさま、是非お出かけください。

—————————————————————————————————————

【会期】2017/7/22(土)〜8/6(日)
open 11:00 – close 19:30/日曜・祝日11:00-19:00
(7/27店休、8/4.5.6は17時まで)

【場所】artos Book Store(アルトスブックストア)
島根県松江市南田町7-21
TEL/FAX 0852-21-9418
HP

桂樹舎の型染め和紙

「夏の器と型染め」開催しております。

DSC_2336

いつもの手作りシールサインも、テーマの型染めにちなんで、フリーハンドで切り抜いてみました。
稚拙な感じが、まあ悪くないか、などとうそぶいてます。
上の「手しごと」は、小田中耕一さんの文字を丁寧になぞって切り抜いていますが、その味わいと完成度の高さはまるで違うなあと、苦笑い。
小田中さんは、師であった芹沢銈介に型染め文字をほめられたという方なので、
比べる方がどうかしています。

いきなり余談でした。
今日は、桂樹舎の型染め和紙を使った小物を紹介します。

富山県八尾市では、古くより和紙作りが行われていました。
先代で、民藝の活動家としても活躍された故吉田桂介さんが、
ご自身でも型を彫り、丈夫な手漉き和紙に模様を染め抜くことをはじめられ、
今日でもなお様々な加工品が作られています。

FullSizeRender
文庫箱(中)
約19.5cm×26.5cm h6cm
左から、
○アイヌ縞・緑
○万華鏡・赤

揉み紙のしわの風合いもよく、紙箱としてはどっしりとした風格があります。
紙類の整理や無機質な事務用品の収納に。
この箱なら、むしろ机の上に出しておきたくなります。

IMG_6019
はがき箱
約17cm×12cm h5.5cm
左から、
○まゆ柄・黄
○ひし形紋・緑
○鈴玉・青
○飾り菱・緑

蓋の上面がわずかにふっくらとして、模様の愛らしさを増しています。
揉んでいない手漉き和紙が使われていて、スッキリとした印象です。

IMG_6035
小物入れ
約φ21cm h19cm
左から、
○万華鏡・緑
○木の葉・青
○市松幾何紋・グレー

インテリアのアクセントにもなる筒形の箱です。
細かいおもちゃをしまったり、くず入れにしてもよいですね。

IMG_6039
角座(座布団)
約38cm×34.5cm×2cm

和紙ですがとても丈夫です。
使い込む程に艶が出て、まるで革のように味のある風合いになります。
今回は、茶色の他に黒とグレーが入荷しています。

IMG_6031
ポケットノート
A6判 約15.3cm×10.5cm×1cm

IMG_6027
ノートは罫入りと無地のページがあります。
ブックカバー型になっているので、市販のノートを入れ替えられます。

IMG_6022
左上から、
○なでしこ・青
○まゆ柄・緑
○シロツメクサ・青
左下から、
○まゆ柄・グレー
○アイヌキューブ・赤
○なでしこ・緑

IMG_6021
ます型小銭入れ
約6.5cm×6.5cm×1cm
中央から、
○ピコット・青
○木瓜・赤
○積み木・緑
○てんとう虫・赤
○きら星・グレー

広げて開け閉めする動きの楽しさがある小銭入れです。
ぴったりと閉まるので、ピアス入れや薬入れにも使えます。

IMG_6030
名刺入れ
約7cm×11cm×1.3cm
○まゆ柄・青・黄・赤
○ひし形紋・緑・黄
○幾何学模様・グレー

かばんの中にいつもこんな遊び心をひそませていて、
いざ名刺交換の時にも、少しなごみそうです。

・・・

和紙を楽しむ、はじめての感覚の人も多いかもしれませんね。
美しく、楽しく、型染めをされたものは、そのきっかけになれると思います。

手しごと 山藤

【小鹿田焼 災害募金】ご協力のお願いです。

IMG_6009

【小鹿田焼 災害募金】

この度の九州北部地方豪雨災害により、被災された地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

大分県日田市の小鹿田焼窯元では、唐臼(川の動力を利用して土をひく木製の設備)の一部流出や採土場の崩落等、少なからぬ被害が発生し、仕事再開の目処が立たない状況です。
手しごと、及び手仕事フォーラムでは、一日も早い復旧をお祈りし、募金を実施しております。
皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

また、郵便振替でのご寄付も受け付けております。

【口座番号】00890-0-130744
【口座名義】手仕事フォーラム

※払込手数料のご負担をお願いいたします。
※払込票の通信欄には、お名前・連絡先と共に「小鹿田災害募金」の明記をお願いいたします。

……………………

下記店舗の店頭でも受け付けております。

◎レ・ヴァコンス
宮城県仙台市青葉区立町9-14
◎もやい工藝
神奈川県鎌倉市佐助2-1-10
◎ロサ
愛媛県松山市大街道3-8-11
◎秋月
福岡県朝倉市秋月野鳥704-3

山内武志さんののれん「夏の器と型染め」から

夏本番直前。
今週、7/8(土)から、「夏の器と型染め」を開催します。

その中からまず、山内武志さんののれんをご紹介します。

山内さんは、紺屋(染め物屋)に生まれ、
型絵染の人間国宝、芹沢銈介の元で修行をされた方です。
伝統的で緻密な柄模様も、
形のエッセンスを取り出した大胆な造形も、幅広くこなす
熱心なお仕事の断片をお見せできたらと思います。

DSC_2337
◆綿麻のれん 84×145cm ’世界地図’
鮮やかな爽やかさ。
綿の柔らかく優しい風合いと、
麻のシャリ感と通気性とをいいとこ取りで、
心地よく、長期間楽しめる質感です。

DSC_2361

DSC_2364
◆綿のれん 79×132cm ’山’
ユーモラスな山のふくらみに楽しくなります。
上質な綿なので、すとんと美しく垂れた朱色の表情もより豊かです。

DSC_2342

DSC_2345

DSC_2347
◆麻のれん 88×139cm ’幾何学’
野趣ある麻布と鋭い造形の対比がおもしろい一枚。
糸には撚りがかかってないものも混ざり、素朴な風合いです。
逆光で見ると通りの七夕飾りが透けてみえ、
強い造形も案外まわりになじみます。
墨で染められています。

DSC_2372

DSC_2375

DSC_2379
◆綿のれん 89×142cm ’水玉’
先ほどの’山’模様の木綿よりもさらりとした紬地です。
こちらも光を通してみると、紬の交錯模様の陰影が美しいです。
染める下地によって表情が変わるのも、染め物の面白いところです。
このシンプルながら味わいのある水玉模様が、さらに生き生きと見えます。

DSC_2356

DSC_2358
◆麻のれん 86×102cm 板締め絞り
こちらは型染めではありませんが、絞りの滲みもきれいです。

DSC_2368

DSC_2370
◆綿のれん 87×132cm ’葉っぱ’
にぎやかな葉っぱの形が踊ってウキウキします。
両面に刷られているので、裏表のうつりも考えられた技アリなデザイン。
木綿の風合いがよいので、色にも一層深みが出ています。

どうにか質感をお伝えしたいのですが、
やはり実物を見て、触れてほしいと思います。
ご遠方の方は、ご相談下さい。

長くなるので、卓布は写真だけご紹介しますね。

DSC_2394
DSC_2393

DSC_2398
DSC_2397

DSC_2396
DSC_2391

DSC_2402
DSC_2401

DSC_2411
DSC_2408

DSC_2406

他にもテーブルクロスや手ぬぐいがあります。

手しごと 山藤

はじまりました。「日本の手仕事をつなぐ旅展」@ SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS (SPBS)

昨日6/28より、奥渋谷の本のセレクトショップ SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS (SPBS) さんにて、「日本の手仕事をつなぐ旅展」を開催しています。
ガラスを中心に日本各地の手仕事を並べています。
素敵な本もたくさん並んでいますよ。
_
Bunkamuraの前の通りを代々木公園方面に向かう路地、神山町辺りは最近「奥渋」とよばれ、渋谷の喧騒から少し離れ、元々の商店や小さくておしゃれなお店が点在しているような、楽しく歩けるエリアです。
ぜひ足を運んでみて下さいね。
7/13までです。

※搬入が夜だったため、昼間の写真をSPBSさんにいただきました。

image4

image5

image3

image1

手しごとのガラス展 6月26日まで

手しごとでは、6月3日より毎年恒例のガラス展がはじまりました。
商品の一部をご紹介します。

DSC_2361
陶器とガラスの組み合わせを提案するテーブルです。夏の食卓にガラスを取り入れると、ぐっとさわやかになりますよ。

DSC_2366
平岩愛子さんのグラス。今年は6色あります。淡い色合いなので、中の飲み物の色の邪魔をしません。色違いで揃えると楽しいですね。

DSC_2326
太田潤さんの樽グラス。コロンとしたかたちが人気の定番です。この他に紫と黄があります。

IMG_5323
奥原硝子のペリカンピッチャー。色つきも素敵です。

IMG_5314
星耕硝子の冷酒杯とワイングラス。スタッフのあいだでは、今年のは色っぽいと話題にしています。

IMG_5333
本宮ガラス ガラス屋靖の片口。お酒もいいですが、ポン酢やドレッシングにもちょうどよいサイズです。

FullSizeRender
蓋もの、いろいろ。何を入れるか考えるのも楽しみです。

会期は6月3日〜26日までです。まだまだ新しい商品も追加していきますのでご期待ください。みなさまのお越しをお待ちしております。

手しごと 中里