山内武志さんの型染め「夏のうつわと型染め」より

「紺屋 ぬいや」

昔から繊維産業の盛んな静岡県浜松。
江戸時代に刺繍業を起こし、明治時代に藍染めをする「紺屋」として営むようになった名残で、
染物屋さん(紺屋)でも「ぬいや」という屋号を持つのが「山内染色工房」です。

山内武志さんは、型絵染人間国宝、芹沢銈介の元で6年間の修行ののちに、
浜松で、長年に渡り仕事に打ち込んでこられました。

町の染物屋さんとして、膨大な仕事をこなしながら、信念ある創作活動も旺盛にされ、
今それが山内さんにしか達し得ない場所になっていると感じます。
ものすごい仕事人です。

それでいて、堅苦しいことはまるでなく、大らかでのびのびとした山内さんの染物。
伝統柄あり。
潔いほどのポップな感覚もあり。
見ていて飽きることがありません。

大小いろいろ届けていただきました。

 

◆麻 藍染め 富士山のれん

◆麻 墨染め 萩のれん

同じ型を使い、裏表を反転させずそのまま染めると、光が透けてこのようにみえます。

◆麻 絣生地に藍染めのれん

絣の構造を知っている人は、?、と狐につままれたような気持ちになるかも。
山内さんのアイデアとセンスに脱帽しました。
もちろん、元の絣生地より断然素敵になっているのです。
機会があれば、種明かししますね(笑)

◆麻 卓布

 

◆木綿タペストリー

◆テーブルクロス(特大)2.2m

◆テーブルクロス 1.7m

◆小座布団

和とじ。グログラン生地(綿)。マットな帆布のような質感です。
風合いの異なる綿生地のものもあります。

この他に、麻の銘仙判カバーもあり、また趣きが異なりとても素敵です。

◆木綿卓布(中)

◆風呂敷 91cm×101cm

◆手ぬぐい

たくさんあります。

 

 

 

小鹿田焼入荷しました

黒木富雄窯(昌伸)、柳瀬晴夫窯を店頭に並べました。

8寸ふち付き角切立皿
φ24cm×h6.5cmほど
鉢に近い深さのあるお皿です。

7寸フチあり深皿
φ20cm×H6cmほど
縁にだけ打ち刷毛目模様が施されています。

 

日常使いやすい器が届いています。

どうぞごらん下さい。

 

 

手しごとのガラス展 6/25まで

梅雨の晴れ間。
新緑の頃にはじまった「手しごとのガラス展」も、6/25(月)までと終わりに近づいてきました。
梅雨が過ぎれば夏。

夏になれば、ビール。麦茶。サイダー。

枝豆。そうめん。アイスクリーム。

暑い毎日に、手しごとのガラスが涼しさと安らぎを添えてくれます。

 

◆本宮ガラス(和歌山)

・モール丸コップ ラムネ・茶 青もあります。

 

◆Rainbow Leaf(東京・青梅)

・モール小鉢 泡
氷のように涼しげで、夏の甘味にぴったりですね。

・ヒッチーグラス(小) 大・中もあります。
ヒッチー=しょっちゅう
つくり手の平岩さんが修行していた沖縄の言葉です。

 

◆奥原硝子(沖縄)

・ピッチャー 特中・小

 

◆太田潤手吹きガラス工房(福岡・小石原)

・たるグラス

・モールグラス
・小さい花さし
・栓付ボトル

・モールグラス
・モールロックグラス
・モール中鉢
・モール小鉢
板ガラスを再生したもの。
無機質な工業製品が、潤さんの手を通すと、人間味のある温かな器へとかわります。
夏に爽やかなラムネ色。

 

◆星耕硝子(秋田)

星耕硝子の青。
藍色にも似た、静けさのある色。

今回は定番色以外にも、アンバーが届いています。

・オリーブオイル入れ
いつもテーブルに置いておきたい、愛らしいたたずまいです。

・モールコップ 大・小
定番のコップ。
なめらかな仕上がりで、飲むものの口当たりがまろやかに、おいしく感じられます。

 

・丸ロックグラス 小 大もあります。

以前秋田をたずねた時、大曲で立ち寄った「Batik」さん。
とても素敵なお店で夢中でみてまわっていたら、このグラスでお茶を出して下さいました。
旅先で友達にあったようで、とても感激したことを覚えています。

 

ご紹介しきれないくらいですが、この辺りで。

手しごとのガラス展はあと3.5日間。

楽しんでいただけましたら幸いです。

 

 

 

佐藤多香子さんのコースター

「手しごとのガラス展」にあわせて、多香子さんにコースターをお願いしました。

冷たい飲みものを入れると、汗をかくグラス。
木製テーブルなどは輪染みの原因になるので、
よく吸ってくれるコースターはかかせません。
裂き織などの素朴な風合いが、手仕事のガラスによく合います。

こちらは裂き織ではなく、’きびそ糸’を織ったもの。
きびそ糸とは、絹糸にならなかったくずの部分を紡いだ、不揃いの太い糸です。
シルクのようにツルツルの光沢とは異なり、くしゃくしゃぼこぼこガサガサとしています。
でも、粗野な中にどこか輝きを感じるような、魅力のある質感です。
藍染めをすると、不揃いから生まれる濃淡が、さらに美しさを生みました。
きびそ糸はタンパク質を多く含むため、均一に染まらないようです。
(余談ですが、染める時ものすごく臭かった!とのこと)

 

こちらは木綿の裂き織。吸水性バツグンです。

グラスは沖縄の再生ガラス(左)と、そこで技術を得て独立した方の再生ガラス(右)。
なんていうことのない普通のコップ。
この何気なさが、よいです。

 

 

星耕硝子 ’リム付角深皿’について

星耕硝子の昨年の個展の際に、特注で依頼したお皿を、今年も作っていただきました。

伊藤さんの吹くガラスは、柔らさの中に芯がある。
端正で、しっかりとした造形をもちます。

ガラスの器を手にした時の、少しの緊張を和らげる、
手なじみの良さと、ぽってりとした厚みの安心感が心地よく、
それが大きな魅力だと感じていました。

そういう良さを活かした、使いやすく美しいお皿を、と提案したものでした。

持ちやすいように、深さとフチ(リム)をつけてもらいました。
4枚くらいなら重ねることもできます。
大きさφ21cmほど。

星耕硝子の深い青に、ジャガイモの白くて冷たいスープ ‘ヴィシソワーズ’ がよく合いそうだと、妄想しながら待ちました。

妄想が現実に。(↑去年のブログから)

フチがあると、フルーツを切って載せただけで、美しく、おいしそう。

昨年は、青と無色クリアの2色でしたが、今年は緑もお願いしました。

落ち着いた色味。
赤いトマトのカッペリーニなど、映えそうです。これはまだ妄想の段階。

使いやすさが美しさにつながっています。

 

 

手しごとのガラス展 はじまりました

各地の作り手より届いたガラスをめいっぱい並べました。

沖縄/奥原硝子
秋田/星耕硝子
福岡/太田潤
和歌山/本宮ガラス
東京青梅/RainbowLeaf

どれも暮らしに寄り添うような、温かみのあるガラスです。
根底に共通のものはありながらも、作り手それぞれの魅力を持っています。

展示の様子です。

 

なかには売れてしまったものもありますが、ご容赦下さい。
店の半分はたっぷりとガラスですので、まだまだございます。
いつもの焼きものなども置いております。

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

星耕硝子「手しごとのガラス展」から ③

去年の個展で作っていただいた「栓付ピッチャー」。
「蓋のできるピッチャーがほしいなー」と、
無邪気なスケッチを渡してできあがってきたものです。
伊藤さんの造形センスと技術の高さにうなりました。

そして今年も作っていただきましたが、、さらに精度があがってます・・!

なんて美しいプロポーション。

まるで、手でロクロ成形した陶器のようです。
もちろんガラスは熱くて直接触れません。
伊藤さんにとって、ポンテ(息を吹き込むパイプ)やハサミやコテなどの道具が、
もはや手の一部になっているのでしょう。

こちらは定番のピッチャー


こちらも「宙吹き」という、型を使わずに中空で作る技法なので、
ひとつひとつがそれぞれに個性的です。
個性は、同じ親から生まれても、それぞれ違う体をもつことと同じで、当たり前のことです。

届いているもの、いろいろありますが、
写真だけ、駆け足ですみません。
紹介しきれないので、また折をみてブログに載せますね。

手しごとのガラス展は、あさって5/26(土)からです。

お待ちしております。

 

 

 

太田潤手吹き硝子工房「手しごとのガラス展」から ②

今年3月の個展でも人気の高かった潤さんの「小さい花さし」

基本の形は3種類ですが、いろんな色で作られていることと、
個体差のためか、かなりたくさんの種類があるような気がします。
下部は型にはめて息を吹き込みますが、上部は自然なふくらみが活かされ、
のびのびと自由な印象です。
窓辺に並べると楽しくなって、いくつも欲しくなってしまいます。

こちらは小さくない「六角花さし」

雑草と呼ばれてしまうような道端の小さな花もよく似合います。

形と色の組み合わせはまだありますので、お気に入りの1点を探してみて下さい。

 

今回もランプシェードが少し届きました。
こちらは板ガラスを再生したもので、吊り元の辺りの厚みのある部分が、ラムネ色に見えて、
うっとりするほどきれいです。
(この写真は個展の時のものです)

 


個展の時に自宅用に買ったモール小鉢。
これも板ガラスを再生したものです。
工業製品が人の手を通してこんな風に生まれ変わることに、手仕事の良さを思います。
ガラスという無機質な材料なので、ことさらに人間味を感じるのでしょうか。