佐藤多香子さんの裂織 その3

佐藤多香子さんの裂織その3は、中間色の組み合わせが絶妙なテーブルランナー。
長さがあるタイプです。
IMG_4614

IMG_4679太田潤さんの一輪挿しを載せて。
こちらの写真は自然光なので、実物に近い色合いです。

FullSizeRender
壁に飾っても素敵です。

◇裂き織テーブルランナー
左:20㎝×85㎝ ¥5000(税別)
右:19㎝×88㎝ ¥5000(税別)

手しごと 中里

佐藤多香子さんの裂織 その2

前回に引き続き、追加入荷している佐藤多香子さんの織物のご紹介です。

DSC_2315

DSC_2317

多香子さんの色使いは、華やかな色と落ち着いた色のバランスがよいです。

DSC_2326
◇裂き織 マット
20cm×30cm ¥2,200(すべて外税)

DSC_2299

柿渋染めと藍染めの麻糸をランダムな格子に織ったテーブルランナーです。
味わい深い濃淡の茶に、鮮やかな藍の青が映えます。中間色の緑がかった色味も自然な風合いに馴染んで素敵です。

DSC_2307

DSC_2305

お気に入りの品に敷いて飾ってみてはいかがでしょう。
現在開催中の「お酒をたのしむうつわ」から、
倉敷ガラス、小谷栄次さんの片口と、
沖縄北窯、松田共司さんの渡名喜瓶を置いてみました。
とてもよく合いますね。

長さ違いもいくつかあります。

DSC_2297
◇柿渋染め 麻テーブルランナー
16cm×19cm ¥2,800(写真上)
16cm×51cm ¥3,600(写真下)
16cm×58cm ¥4,000
16cm×66cm ¥4,400

手しごと 山藤

佐藤多香子さんの裂織 その1

今日の東京は、寒さが少し和らぎよいお天気でした。冬はまだ続きますが、一足早く春を感じさせる裂織が入荷しましたので、少しご紹介します。

DSC_2289藍の濃淡が美しい鍋敷きです。約20㎝角、3600円
鍋の下に敷いてしまうのがもったいない美しさ。手しごとの店では、壁にディスプレイしてタペストリーのように楽しんでいます。

DSC_2292
藍の花瓶敷き。こちらも絶妙な配色。春を迎えるお部屋の模様替えに。
上:19×43㎝  4400円
下:19×47㎝  4800円

DSC_2295
花瓶敷きのアップです。

佐藤多香子さんの裂織は、入荷のたびにその配色の美しさにハッとさせられます。まだまだ入荷商品がございますので、次回またご紹介します。

手しごと 中里

「お酒を愉しむうつわ」開催しています。

DSC_2287

先週の土曜日から、「お酒を愉しむうつわ」を開催しています。
店内の様子をご案内します。

DSC_2349
左、沖縄の酒器、抱瓶(だちびん)と
右、秋田県楢岡焼の片口

DSC_2290

DSC_2289
日本酒に映える楢岡の青です。
◇楢岡焼5寸片口 ¥3,000(全て税別)

DSC_2353
ペリカンピッチャーは、サングリアを作るのに最適です。
すぼまった口で、フルーツの甘みや香りが移ったワインだけを注げます。
レモンで爽やかな写真になりましたが、実は今が旬なのです。
◇奥原硝子 ペリカンピッチャー ¥4,400

DSC_2293
一番上、遠目にも異彩を放つ独特で美しい形は、
墓前に泡盛をお供えするための瓶です。
◇沖縄 北窯 渡名喜瓶 ¥11,000

小代焼ふもと窯の片口のほか、共手土瓶や湯呑も酒器としてちょうどよいです。(こちらの片口は販売済となりました)

DSC_2287
◇熊本 小代焼ふもと窯 湯呑 ¥1,200
◇ 〃 肩付徳利 ¥2,200

DSC_2332
◇倉敷ガラス 小谷栄次 片口 ¥10,000

DSC_2321
◇秋田 星耕ガラス ぐいのみ ¥2,400

DSC_2323
◇広島 西川ガラス 瓶 ¥13,200

DSC_2292
DSC_2302
◇西川ガラス うぐいすタンブラー ¥3,800

DSC_2305
◇星耕ガラス 冷酒杯 ¥3,600

DSC_2311
花を生けている小鹿田焼の「雲助(うんすけ)」は、
かつてはお酒や醤油を醸造用の大樽から小分けに移し、一時的に貯蔵するための道具でしたが、
現代ではほとんど使われなくなりました。

DSC_2373
雲助にはこのような注ぎ口がついています。
ここから徳利や片口にうつされたんですね。
どこか愛嬌のある名前と姿です。

DSC_2377
◇小鹿田焼 坂本浩二窯 ビアコップ ¥2,700

DSC_2376
◇小石原焼 太田哲三窯 山道徳利 ¥7,200
◇ 〃 湯呑 ¥1,200

DSC_2371

DSC_2317
◇星耕ガラス シェリーグラス ¥3,600
◇丹波立杭焼 俊彦窯 ローソク徳利 ¥3,700

DSC_2364
お酒のまわりのいろいろも。

DSC_2366
◇小鹿田焼 坂本浩二窯 2合徳利 ¥2,900
◇小代焼 ふもと窯 ぐい呑み ¥900

DSC_2384
◇楢岡焼 徳利 ¥2,200
◇ 〃 ぐい呑み ¥600

DSC_2380
◇小鹿田焼 柳瀬晴夫窯 尺一寸ふせ合わせ皿 ¥12,000
人が集まる時、直径約31.5cmの大皿を中心に据えると、一気にパーティーの雰囲気になりますね。

DSC_2389

DSC_2390
◇小代焼 ふもと窯 ジキカン ¥3,600
このままお燗ができます。

DSC_2395
お酒はあまり関係のない一角。こちらは主に山陰のものです。
壁には佐藤多香子さんの裂き織。

DSC_2368
こちらは主に丹波立杭焼。
酒の肴にしっくりと合う器です。

DSC_2398
一杯セット。
春が来たらこれを縁側に持ち出して、花でも観ながら、、、

DSC_2357
沖縄ガラスのぐいのみや徳利もあります。

DSC_2360
ロックグラスやビールグラスなどのグラス類は、
年間通してのオールラウンダーです。
どうぞ愛用の品をみつけて下さい。

今日は店内一部をぐるっとご紹介しました。
手しごとにお買い物に来た気分になっていただけたでしょうか。
もちろん、実際手に取っていただけるのがよいのですが、
電話やメールフォームでもお問い合わせいただければご対応いたします。

手しごと 山藤

太田哲三窯 入荷のおしらせ

あけましておめでとうございます。
本年も、手しごとでたくさんのよい出会いがあるように願い、人と人と手仕事とをつなぐ役割ができるよう、心新たに営業して参ります。
みなさまどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年さっそく小石原焼、太田哲三窯が入荷しています。
その中から数点ご紹介いたします。

dsc_2305

dsc_2295
◇6寸櫛描き皿
φ18cm h3cm ¥2,700(全て外税)

dsc_2310

dsc_2316

dsc_2315

dsc_2314
◇5寸櫛描き皿
φ15cm h2.5cm ¥2,000

素朴ながら何を載せても気の利いた感じにみえる魔法のお皿です。
柔らかさとシャープさを兼ねそろえた櫛描きの直線と
しっかりとしたフチ取りがそうみせるのだと思います。
無国籍な雰囲気も魅力です。

dsc_2285
◇5寸皿(トビカンナ/打刷毛目)
φ15cm h2.5cm ¥1,500

dsc_2288
小石原焼のトビカンナは、ストロークが短めでダイヤ型にみえたりもします。

dsc_2286
焼成時の酸素の具合などで、通常より青みがかったものもきれいです。

dsc_2287
技法や色が様々でも統一感があるので、別々で揃えても楽しいと思います。

dsc_2325
◇8寸皮くじら皿
φ24cm h3cm ¥4,400

白地に黒いフチ取りをしたものを「皮鯨」とよびますが、
こちらはフチに巻くはずの飴釉を大きく外した遊び心のあるお皿。
白化粧地に無造作に遊ぶ伸びやかな線がきれいです。
適度に深く、中央は平らに近いので、
メインディッシュに、サラダに、幅広く活躍する事と思います。

dsc_2326
◇フチ有小鉢
フチぽん描き/フチ打刷毛目 φ12.5cm h4.5cm ¥1,900
フチ指描き φ11cm h3.5cm ¥1,300

dsc_2337

dsc_2339
端正な形に、

dsc_2329描き始めと終わりが、きっちりとしまわれたぽん描きのラインが、
見ていてとても小気味よいです。
熟練した丁寧な仕事が見え隠れして、みていると清々しいよい気持ちになるのです。

手しごと 山藤

有田・大日窯のこと

12月も後半にさしかかろうとしています。
だんだんと今年の片付けと来年への準備をし始める頃でしょうか。
今日はお正月にも活躍する佐賀有田の大日窯の器をご紹介します。

dsc_2344

高級品のイメージがある有田焼の中でも、大日窯は、庶民の器としても作られていた初期伊万里の風合いをいまに再現する窯元です。

地元の天然材料などを主に調合した釉薬は、やや青みがかった穏やかな白をあらわします。
染付の呉須(顔料)にも、地元の山から採った黄土を使い、目にも優しい落ち着いた藍色は、柔らかな白い釉肌に溶け込むようになじみます。
絵付けは全て、現当主久保博志さんのお母さま、トシエさんお一人による熟練の手描きです。

美しい物を作るために天然材料を多用する事は、思い通りに行かない苦労も多くすることになります。
状態が一定ではないため色の濃淡に差が出る事がありますが、トシエさんの流れるような手描きと相まり、むしろ味となっています。
便利さと美しさとは、相反する事が多いと感じます。

さて、まずは白の美しさのよくわかるシンプルなものから。
そばちょくは当店の前オーナー故久野恵一がデザインした形です。

dsc_2320◇ダシ徳利(久野オリジナル呉須線巻)φ8cm h7cm ¥1,500(すべて外税)
◇そばちょく φ7.5cm h6.5cm ¥1,200
◇そばちょく呉須線巻 φ8cm h7cm ¥1,400

dsc_2334

dsc_2339

dsc_2281◇細徳利 φ6cm h11cm ¥1,700
◇そばちょく 線巻赤 φ8 h6.5cm ¥1,600
◇そば型ぐいのみ φ6cm h4.5cm ¥1,200

dsc_2328

dsc_2332
◇5寸皿赤線巻 φ15cm h2cm ¥1,800
◇5寸皿格子 φ15cm h2cm ¥1,700

dsc_2290
◇3寸皿赤線巻・赤絵 φ9cm h2cm ¥1,000
◇3寸皿格子 φ9cm h2cm ¥900

お醤油皿に。

dsc_2302

dsc_2300
◇バターケース 赤絵竹紋 w8.5cm d12cm h3.5cm ¥3,500
◇バターケース 花柄赤絵 ¥3,500
◇小物入れ 花柄 ¥3,000
◇小物入れ 赤絵亀甲紋 ¥4,700

バターケースにはナイフ用のくぼみがあります。
小物入れは、食器としてお漬け物や佃煮をいれるのにもちょうどよく、
フタがあると、冷蔵庫内で重ねられ、匂いも遮断できます。
そのまま食卓に出しても見栄えがするので、
お正月のお料理を小分けにしていれるのもおすすめ。お重の中で他と混ざってほしくない、栗きんとんや黒豆をいれるのにぴったりです。

dsc_2310

dsc_2306◇4寸端反小鉢 φ11.5cm h3cm ¥1,400

大日窯を示す印も手描きです。
久野オリジナル注文品には、右手の「長丸にちょん」印が入っています。

dsc_2316
◇干支鈴 白 ¥380

毎年恒例の干支の陶(磁)鈴で。来年は酉年です。
手のひらにコロンで、鈴の音もコロンと愛らしいです。
赤絵のタイプは既に売り切れてしまいました。


先日大日窯に伺った時の事を少し。

img_1985
久保トシエさん

img_1986
素焼きの器体に黄土色の顔料で描かれるうさぎ。
釉をかけて高温で還元焼成すると右側の完成品の色合いに変化し、大きさもこんなに変わります。

img_1989
これが呉須の主成分である地元の山で採取された黄土、通称おに板です。
偶然にも本焼き失敗の皿にのせられ、地の色と焼成後の色の変化が見てとれておもしろいですね。
同じようにやっていてもたまにこのような事が起こるそうです。
天然材料の難しさなのでしょう。

職人の日々の試行錯誤があって、その仕事が私たちの手に届く事、忘れずに感謝したいと思います。

手しごと 山藤

佐藤多香子さんの裂織ポット敷き

佐藤多香子さんの裂織ポット敷きが、ほっこり暖色の冬仕様で揃っています。
今回もとても素敵な色合いですので、いくつかご紹介します。

1.img_2463
ポット敷といっても、もちろん何に敷いても自由です。
こちらは少し大ぶりなサイズの丹波立杭焼のマグカップで、
ポット敷のサイズは、約20cm角です。

2.
dsc_2322

3.
dsc_2321

4.
dsc_2327

5.
dsc_2326

6.
dsc_2324
dsc_2323
裏表はありません。違いを楽しむ事ができます。

7.img_2424
お正月らしいディスプレイにも、一役。

どれも明るさと落ち着きの色調バランスがよく、ホッと一息の時間を楽しく彩ってくれます。民藝のうつわとの相性も抜群です!
古いきれを裂いたものを緯糸にして、きっちりと織った裂織は、大変丈夫です。
元々が働き者の布達です。
もし汚れてもどんどん洗って、またたくさん使わせてもらいましょう。

◇新潟・佐藤多香子 裂織ポット敷
約20cm×20cm ¥3,200(税別)
※画像によって色のイメージが違う事があります。
もし通信販売をご希望の際はご了承をお願いいたします。

手しごと 山藤

伊賀の土鍋

こんにちは。
いよいよ本格的に冬到来。
わたしも厚手のコートを引っぱり出してきました。
クリスマスももうすぐですね。そしてお正月。
一年の短さは知っているつもりですが、毎年毎年びっくりします。

dsc_2333

今日は、冬の手しごと展で中心に据えている伊賀の土鍋を紹介します。
伝統的に土鍋作りを継承する伊賀丸柱焼。
この地で産出する陶土は多孔質で、直火に耐えることができます。
ただし、それでもヒビは入ります。
ヒビが入って当たり前の土鍋。心配はご無用です。使っていると自然にふさがります。
空焚きしない。急冷しない。
少しだけ注意をすれば大丈夫。

現代では土鍋のヒビ割れを嫌い、外国産の鉱石を混ぜて生産されたものがほとんどですが、手しごとで扱う土鍋は伊賀の美しい白土だけで作られています。
伊賀本来の土色を生かし、柔らかい風合いを残しています。

◇やまほん陶房 青地釉9寸土鍋
dsc_2288

dsc_2291土色の影響を受けにくいので、青緑色が冴え冴えとしています。

◇飴釉9寸土鍋dsc_2290
陶土の粗さが透明質の飴釉の濃淡をひろい、味わいのある肌に仕上がります。

◇青地釉7寸土鍋
◇飴釉7寸土鍋
dsc_2284

dsc_2289

dsc_2280

dsc_2301

dsc_2303
ユニークさも感じる持ち手ですが、伝統的なものです。
中身も入ればかなりの重さになる鍋もしっかりと持ちやすい形状です。
全体に均整の取れた美しいプロポーションです。

◆9寸土鍋(4人前後用)φ29cm h16.5cm ¥9,500(表記は全て外税)
◆7寸土鍋(1〜2人用)φ22.5cm h12.5cm ¥5,000
※8寸は現在品切れしています。

◇松山陶工場 8寸土鍋dsc_2306

dsc_2307

dsc_2310
土味をそのまま生かした仕上がりです。
焼成すると赤みを帯びた温かな色合いが表出します。
昔ながらの素朴な風合いがあります。

◇6寸土鍋
dsc_2299

dsc_2301
夜食に味噌煮込みうどんを作ってほしい。どなたか。

◇7寸深土鍋
dsc_2289

dsc_2285
ごはんが美味しく炊ける深土鍋。
先日の忘年会で、こちらにトマト味のロールキャベツを作って持って来て下さった方がいて、見た目のおいしそうさと実際のおいしさに歓喜しました。

◆8寸土鍋 φ25cm  h17cm ¥5,000
◆6寸土鍋 φ20cm h12.5cm ¥2,700
◆7寸深土鍋 φ22cm h12cm ¥4,500

◇カネダイ陶器
行平鍋
dsc_2303
前回のブログでは、こちらの窯の焙烙(ほうろく)とおひつをご紹介しました。
こちらは、行平鍋です。
伊賀の白土に白釉を施し、さらに柔らかい印象になっています。
要所に鉄が巻かれ、輪郭が浮き上がります。
形といい、なんとも愛らしい鍋です。
鍋を愛してしまうなんて、ちょっと可笑しいですね。

◆6寸行平鍋 φ19cm h17.5cm ¥5,400
◆5寸行平鍋 φ16cm h15cm ¥3,800

手しごと 山藤