「島根のやきもの展」から③ 湯町窯

14日(土)からの「島根のやきもの展」に並ぶ湯町窯のやきものをご紹介します。

島根県松江市玉湯町で江戸中期から焼かれてきた布志名焼(ふじなやき)をルーツとする「湯町窯」。民藝運動に大きく影響を受けた窯のひとつです。
地元で採れる来待石を用いる黄釉や飴釉、また、それらを活かしたスリップウエアが特徴的ですが、藍と白が美しく混じりあう海鼠釉や糠釉も用いられます。

多くの種類を少しずつ仕入れた中から、マグ・カップ類をご紹介します。


モーニング


(切立カップ)


コーヒー碗


ミルクピッチャー各種各サイズ


(蓋付容器、ピッチャー)


(海鼠釉湯呑)


(黄釉湯呑)


(ティーポット)

「島根のやきもの展」から② 森山窯

9/14(土)からはじまる「島根のやきもの展」のために

森山窯から今年も美しいうつわがたくさん届きました。

2回に分けて掲載したいと思います。

楕円皿 大(瑠璃釉)
w30 d23.5 h3cm

 

縁有り押紋鉢(呉須釉)
Φ25 h5.5cm

 

9寸皿(ふち抜き白釉)
Φ27 h3cm

 

7.5寸皿(中抜き白釉)
Φ23 h3cm

 

7.2寸皿(中抜き縁白釉)
Φ21.5 h3cm

 

昨年注文をして大好評をいただいた片手スープカップと出汁入れを今年もお願いしました。
前オーナー久野恵一が数十年(!)前に注文したものですが、
いずれも実際の使い勝手が大変良く、自信をもっておすすめいたします。
造形といい、釉薬の調子といい、相変わらずのすばらしいお仕事ぶりです。

出汁入れ(瑠璃・呉須釉)
口径Φ6.5cm 最大Φ10cm(ハンドル含まず)h11.5cm(つまみ含む)

ドリップコーヒーのサーバーにちょうどよいです。

 

片手スープカップ(瑠璃・並・呉須釉)
Φ10cm(ハンドル含まず)h6cm

朝、一杯のスープがおなかと心を満たしてくれます。

 

7寸平皿(瑠璃・白釉)
Φ21.5cm h2.5cm

 

8寸平皿(瑠璃・呉須釉)
Φ24cm h2.5cm

 

紅茶碗皿(瑠璃釉)

長平皿 小 (呉須釉・白釉)
w12.5 d10.5 h2cm

 

楕円皿 中(瑠璃・白釉)
w24 d17 h2.5cm

 

ポット 豆 (呉須釉・瑠璃釉)

 

ポット 大(白覆輪)

 

ポット 中(呉須釉)

 

ぐいのみ(辰砂・呉須釉)
Φ6 h4/4.5cm

 

急須 大・中(白覆輪)

 

くみ出し湯呑(白覆輪)

 

急須 大(呉須)

 

急須 小 (並釉)

 

面取湯呑(呉須・瑠璃釉)
Φ8.5 h9cm

 

筒描湯呑
Φ8 h8.5cm

 

 

まだまだありますが、
続きは、会期初日の9/14(土)以降になる予定です。

また、お電話、メール等でのお問合せは9/15 (日)から承りますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

「島根のやきもの展」から① 出西窯

お待たせしました!今週末14日(土)からはじまる「島根のやきもの展」。
どんなものが並ぶのか、気になりますよね?
ということで、ご紹介します。
まずは出西窯から!


コーヒー碗皿


モーニングカップ(飴、白)


(左)鉄土湯呑、(右)マグカップ


切立湯呑・大


切立湯呑・小


飯碗・小


ほたん刷毛飯碗・小


はたぞり切立鉢5寸


イタリー皿


イタリー皿


平皿5寸、箸置き


縁付皿8寸(赤土三方流)

いかがでしょうか?一見無機質にも見えるシンプルモダンなデザインでありながら、
手に取れば釉薬の調子などひとつひとつ表情が異なり、あたたかみも感じる手仕事のうつわです。

やちむん

沖縄の各窯元より届いた「やちむん」を並べました♪♪♪
大胆な筆さばきで絵付けのされたやちむんが、テーブルを賑やかに彩っています。

しっかりした作りで頑丈で、日常使いしていても割れ欠けがほとんどなく、
10年以上使っている器も現役続行中です。

どれも使いやすさは折り紙付きですが、窯元により絵付けの風情は様々。
ぜひ店頭でお手に取って、好みのものをお選びください。


マカイ 4.5寸: 直径13.5㎝  高さ約6㎝


フリーカップ
:直径約9㎝  高さ約11㎝
マカイ 4寸: 直径約12㎝  高さ約5.5㎝


ワンブー4寸: 直径約13㎝  高さ約6㎝
4寸皿:直径約12.5cm


4寸ワンブー:直径約12.5cm
4寸皿:直径約12.5cm
豆皿:直径約8.5cm


5寸皿:直径約15.5cm
豆皿:直径約8.5cm


6寸マカイ:直径約18cm


渡名喜瓶(トナキビン)大 : 高さ約18cm
渡名喜瓶(トナキビン)中
: 高さ約14.5cm

「夏の染と織」から 佐藤多香子さんの織物

初日の今日、たくさんの方に足をお運びいただきまして、どうもありがとうございました。
みなさん時間をかけてじっくりご覧いただいてるようで、とてもうれしく思いました。
小さな店に所狭しと並べているため、見づらいことがあるかもしれません。
畳んであるものは、どうぞご遠慮なく広げてみて下さい。

さて、間に合っておりませんが、今日は佐藤多香子さんの織物を紹介します。

涼しげで、思い切って店の正面にかけてしまった麻のれん。
藍のたて絣がとても素敵です。

ズームアップ!

糸に先染めし、織って模様を表す「絣」という技法。
模様がすっと消えていく余韻があります。
絣の美は揺らぎの美。境界のない美しさです。

規則的な模様のなかで、どこかのんびりと大らかなかんじの絣が、
ざっくりとした麻の風合いによく合っていて、
ああ、たかこさんだな、と思います。
素材と手を動かす人の心が、自然な反応を起こしているようです。

 

さて、もちろん裂織もいろいろ届いています。

トートバッグ1

トートバッグ2

ワンショルダー1

ワンショルダー2

あたたかみのある裂織ですが、きっちりと織られたものは肌への接触面が少なく、
意外な程すっきりとここちよい肌触りで、夏にもおすすめです。
洗濯もできますよ。

テーブルランナー

 

コースター

裂織の優しい手触り。ぜひ手に取っていただけたらと思います。

 

 

7/20〜「夏の染と織」から 山内武志さん染物

今年は梅雨が長引き、まだ夏本番とはいきませんが、

静岡・浜松の山内武志さんから、楽しく美しい染物がたくさん入荷しました。

手ぬぐいからのれんまで、日常使いの健やかなお仕事の数々。

山内さんの朗らかな笑顔が思い起こされます。

(山内さんについては去年のブログもあわせてどうぞ)

 

麻のれん 藍 段染め絞り

 

麻のれん 藍 型染め

 

麻のれん 藍先染め絣地に柿渋染め

 

木綿のれん 板締め絞り

 

木綿のれん 型染め(両面)

麻 銘仙判座布団

木綿 小座布団

 

卓布 大小

 

風呂敷

 

テーブルスロス

 

手ぬぐいも素敵な柄がたくさん届いています。

ぜひご覧いただきたいものばかりです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

奥原硝子製造所ー「手しごとのガラス展」開催中ー

ただいま開催中の「手しごとのガラス展」より、沖縄の奥原硝子さんのものの一部をご紹介します。

まず、私たち的には奥原硝子を代表する名作、ペリカンピッチャー。
かつて故・久野恵一さん(当店の元オーナー)が、
外村吉之介著「少年民芸館」に掲載されている
イタリア製の水差しを見本に、製作を依頼したものです。
持ち手の位置と均整のとれたフォルム。この上なくバランスのとれた美しさです。
そしてそれが一定のクオリティで作り続けられるのは、
職人を抱える分業体制で多くの数をこなす強みと言えましょう。
左から青、ラムネ、紫の3色が今ならあります。
青や紫の色付きも、持ち手が同色でなくクリアカラーなのがセンスいい!ですね。


名前の由来のこの注ぎ口は、中に入れた氷が注いだ時に飛び出してガラばしゃっ!とならない優れものです。


こちらはしゅっとしたフォルムの特中ピッチャー(大、小)


アイスペール お花やグリーンを生けても涼しげで素敵です!


中鉢は厚手でどっしりしています。何に使いましょうか?


こちらも厚手でどっしり大ぶりな玉つきアイスクリーム鉢。

気になるものがございましたらお気軽にご連絡ください。(通販も可能です)

奥原硝子製造所は再生ガラスから生まれ、ずっと再生ガラスにこだわってきました。
そのあたたかみのある質感とおおらかな形は沖縄の風土を映すようです。

太田潤手吹き硝子工房「手しごとのガラス展」2019

5月とは思えぬ暑さです。
ガラス展にはもってこいの陽気。

今日は、福岡の太田潤さんをご紹介します。

沖縄で再生ガラスの作り方を見て学び、福岡で工房を立ち上げた太田潤さん。
窯を一から手作りし、そこでほとんど初めて実際にガラスを吹きはじめたという、
開拓者のような驚異の手仕事精神を持っています。
しかしその人柄はいたって朗らか。
生きる力の勢いをそのまま感じられるような、潤さんの手仕事をどうぞご覧下さい。

※じるしがついている大きめのものは、6/8(土)までの期間限定の展示販売品です。


栓付瓶 ※
どっしりとした風格のある一品。


扁壺 ※


首長瓶 ※



口返しピッチャー



首巻瓶 ※




ピッチャー(紫)※
なんとも不思議な存在感があり、
ずっしりと重く「塊」を思わせます。



大鉢 ※


モールロックグラス
ラムネ・スカイブルー・青



口巻モール小鉢


口巻モール中鉢


ワイングラス(モール入り)



大皿
こちらは少しマーブル模様のようになっています。



小さい花さし
形と色の組み合わせ、いろいろ届いています。






ペンダントライト
ラムネ・緑・無色クリア・紫

 

 

「手しごとのガラス展」は、6/24(月)まで開催しています。