作成者別アーカイブ: 手しごとスタッフ

湯町窯「島根のやきもの展」から

続いて湯町窯のご紹介です。

民藝運動の当初より、河井寛次郎、浜田庄司、バーナード・リーチの各師の指導を受けた、伝統ある窯の一つがこの湯町窯です。

布志名焼として、地元で産出する来待石を使った黄釉や飴釉が使われており、
それがイギリス陶器のガレナ釉に似ていたことから、バーナード・リーチらがスリップウェアの指導をしたといわれています。
確かに、素朴な洋食器として、違和感なくぴたりと合った色味と土味です。
そしてとても食欲をそそる色。

スリップウェアとは、どろっとした化粧土で模様を描き装飾を施した器を指します。

スリップウェア6号角皿
w19cm d10.5cm h3.5cm

耐熱皿として、オーブンの使用が可能です。

楕円皿
w21cm d15cm h3〜4cm

グラタンやジャーマンポテトやお肉のグリルに。

定番ロングセラーのエッグベーカー

ほっとするような、どこかユーモラスな佇まい。
焼き網越しの直火で、じんわりと温められたたまごは、本当においしく仕上ります。
たまご以外にも、蒸し野菜、アヒージョ、ミニグラタン、いろんな調理に使うことができますよ。
もちろん、そのままテーブルへ。

海鼠釉 ななめしのぎピッチャー
最大Φ11cm H17.5cm

「海鼠釉」も湯町窯の代表的な釉薬です。
土と釉薬と火力の化学変化で生まれる青色には、深みが感じられます。
ただし、顔料のように一定の色が出せないのが難しいところ。
そのため、必ず現地におもむき、美しく発色したものを選んで仕入をしています。
このピッチャーは、形とあわせ、特に素晴らしいものでした。

ハンドルも力強いです。

海鼠釉は、しのぎ模様のコントラストが特に出やすく、魅力的です。

 

海鼠釉 指描き湯呑
口径Φ6.5cm h7.5cm

海鼠釉 フリーカップ
Φ7.5cm h8.5cm

5寸皿いろいろ
Φ15cm h2.5cm

花入れ
Φ6cm h9.5cm

ミルク注ぎ 小
h6.5cm

 

 

森山窯①「島根のやきもの展」から

今週末9/15(土)から「島根のやきもの展」です。

各窯から続々と届き、小さな店がはちきれそうです。

今回特に充実している森山窯から、少しずつ載せていきますね。

注目は、当店創業者の久野恵一が過去に注文し、近年は作られていなかったもののリバイバルです。

◆出汁いれ

口径Φ6.5cm 最大Φ10cm(ハンドル含まず)H11.5cm(つまみ含む)

当初「ふた付きのピッチャー」として依頼したもの。
出汁いれ。
ドリップコーヒーのポットにしてもよさそうです。

さすがというしかない、美しく、持ちやすく、使いやすい森山さんのハンドル。

 

◆スープカップ

Φ10cm(ハンドル含まず)H6cm

両手とソーサーもついていたスープセットを参考に、手軽な片手スープカップにしてもらいました。
見事に美しい出来ばえで、届いた時にはみなで感嘆しました。

 

定番の洋皿もたくさん届いています。

7寸平皿 Φ21.5cm H2.5cm 瑠璃釉

いまや森山窯定番のこの洋皿も、久野恵一が、数十年前にイギリスの古いピューター皿を元に依頼したものです。
金属や磁器では容易な平たい皿を、陶器で作ることは難しく大きな挑戦でした。
硬質な石見の土と、森山さんの卓越したロクロ技術の賜物です。

呉須釉

白釉

8寸皿も瑠璃釉、呉須釉、白釉とも入荷しています。

 

7寸リム付白覆輪皿

こちらは少し深さがあり、内側のヘリをスプーンでなぞるにも良いアール。
風合いが大変よいですが、使い勝手も抜群な予感。

 

9寸平皿

こっくりとした来待釉の赤茶色に縁取られ、白釉の透明な淡いブルーがとても映えます。
写真ではうまく再現できませんでした。。
来待釉は、島根県で産出する来待石を用いた釉薬です。

しょうゆ差し

小さく凝縮した造形が、たまりません。
受皿付きもうれしいところ。

徳利 / ぐいのみ 瑠璃釉

徳利 / 盃 糠釉

ピッチャー 瑠璃釉
口Φ6cm H13.5cm

 

つづく

 

 

「島根のやきもの展」開催のお知らせ

9/15(土)〜10/8(月)

手しごとにて「島根のやきもの展」を催します。

森山窯、湯町窯、宮内窯、出西窯のやきものが多数並びます。

 

なかでも今回、森山窯には、当店創業者、久野恵一が過去に注文し、

近年作られていなかった品を、改めて作っていただくお願いをしました。

蓋付の小ぶりなピッチャーのような’出汁入れ’や、少しアレンジをした’片手スープカップ’など。

とてもよいものができ上がりましたので、ぜひご覧いただければと思います。

 

 

小鹿田焼を並べました

「夏のうつわと型染め」が終わり、入荷していた小鹿田焼をいっきに並べました。

まだ暑さは続いていますが、少ししっとりとした秋の気配も漂いはじめたように感じます。

やちむんやガラスの器もまだまだございますので、どうぞ足をお運び下さい。

 

 

 

星耕硝子 追加入荷「夏のうつわと型染め」

残暑厳しき折、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。
お盆前ですが台風もぼんぼん来ていて、もう「残暑」をお見舞い申し上げます。
そろそろこの異常な暑さに慣れてきたような気もするようなしないような。

そんな中、星耕硝子の涼しげな無色のうつわが、いくつか届きました。

飾り気のない、健やかな手仕事。
どれも働き者なので、テーブルで大いに活躍してくれることでしょう。

◎大皿
φ29.5cm×h3.5cm

シンプルな強さ。
しっかりと確かな存在感を持ち、静かな迫力があります。
夏のテーブルの中心に。

1人でする吹きガラスとしては、これほどの大皿はなかなか見られません。
非常に高い技術が必要です。

◎中皿
φ17cm×h3cm

取り皿やデザート皿、サラダに。

 

◎ふち返し小皿
φ11cm×h3cm

 

◎モールぐいのみ
φ7cm×h6.5cm

◎モールぐいのみ
φ7cm×h6cm

 

◎中鉢
φ20cm×h8cm

 

◎口巻中鉢
φ19cm×h7cm

縁が茶色っぽく写りましたが、ぶどうのような赤紫色です。
丸鉢。
山内武志さんの型染め卓布に。

 

◎八角めん鉢・浅
φ16cm×h7cm

◎八角めん鉢(右)
φ16cm×h10.5cm

一人前のそうめんに、夏野菜の揚げ浸しとみょうがの千切りをのせて。
最高です。

 

 

小田中耕一さん 型染め絵 「夏のうつわと型染め」より

毎年おなじみの、小田中耕一さんによる「日本の手仕事カレンダー」の原画から、
額入りの型染め絵をつくっていただきました。


箕とかご


背負いかご


ランプスタンドと本


セロ弾きのゴーシュ

愛らしい絵に、心がなごみます。

 

額(白木)外形:20.5cm×15.5cm
壁掛けタイプ

 

 

 

「倉敷の手仕事」@広島蔦屋書店 7/26〜9/6

今日から、広島T-SITE、蔦屋書店さんで「倉敷の手仕事」フェアを開催しています。

「倉敷の手仕事」

○倉敷ガラス
○倉敷緞通
○倉敷 い草細工

会期:7/26〜9/6
場所:広島T-SITE 蔦屋書店
広島県広島市西区扇2丁目1-45
JR「新井口駅」、広島電鉄「商工センター入口駅」下車
アルパーク バスターミナルよりバスで約5分

1畳敷きの倉敷緞通が2枚、天井から下がっています。

夏にぴったりな、倉敷ガラス・小谷栄次さんのガラス。

い草細工の手さげかご「いかご」、びんかご、鍋敷きも並んでいます。

お近くのみなさま、ぜひ足をお運び下さい。