作成者別アーカイブ: 手しごとスタッフ

潤さんのこと

3/9金から開催している ‘太田潤 手吹き硝子 展’

初日から2日間、潤さんが福岡県よりはるばるお店までやって来てくれ、
2日目だった昨日は、ギャラリートークとしてお話しを聴く会を催しました。

朗らかで気さくな人当たり、

わはは!と豪快に笑い、でもカメラを向けると少しシャイな笑顔。

居合わせたお客さんの赤ちゃんには、優しく目を細め、温かな人柄がにじみ出ます。

・・・

福岡・小石原焼、優れた民藝陶器を継承する太田哲三窯に生まれた潤さん。

長男の圭さんは陶工として、次男の潤さんは、吹きガラス職人として歩んでいます。


(小石原焼の縁有り鉢から着想した’モール小鉢’)

じっとしていられない性分で、ロクロの前に座り続ける仕事は向いていないと感じていたこと、

昔から家にあった小谷真三さんの倉敷ガラスや、イランやメキシコのガラスに改めて目が向き、この道にすすみました。


(’栓付瓶’と’小さい花さし’)

どうやって作るのかを学ぶための沖縄での5年間は、分業制のため、実際にガラスを吹く事はほとんどなく、目で見て学ぶ修行となりました。

再生ガラスしか使っていないのも、沖縄で学んだことからです。


(沖縄の再生ガラスを想起する’モールロックグラス’)

福岡に戻り、憧れの小谷さんの図録の巻末にあったという窯の模式図を見ながら、なんとそれだけで窯を自作し、工房を建て、いよいよガラスを吹きはじめます。


(工房移転後の現在の窯。火があらぬ所から吹き出て、動き出しそうな生命感があります。)

潤さんのガラスは、少々歪んでいたり、傾いていたり。

それを私たちは、愛嬌がある、味がある、と感じたりもしています。

潤さん自身は、

下手ですみません、
せっかちで丁寧にできなくて、
やり直すと却ってまずくなるんで、
めんどくさくて、(おいおい!笑)
なまけものなんで、(おーい!笑)

がははー!と笑いながら話します。

全く自分を飾らない、ありのままな人。

実際はものすごく努力をしてきているはずで、強い信念を秘めている人。

そう感じました。

小谷さんの物を真似して作ってるつもりだけど、全然似ないと笑います。

不揃いな形は、技術が発展途上とも言えるし、

ガラスの溶解が不十分で、気泡がたくさん入ったりもする。

(その自然に入ってしまった泡が、とてもきれいなのですが)

自作の窯のごきげんをうかがいながら、その時できる物を一生懸命作る。

早くたくさん作る。変にいじりすぎない。

小谷さんからきいた「ガラスのなりたい形にしてやる」という言葉が心にあるそうです。

自然に逆らわない。

潤さんのガラスは、潤さんそのものです。

なぜ心惹かれるのか、わかった気がしました。

 

 

‘太田潤 手吹き硝子展’から①

いよいよ、3/9(金)から潤さんの個展がはじまります。
日常使いのガラス器もたくさん届いています。
写真で少しずつ紹介していきます。

◇小さい花さし

色・かたち、さまざまにたくさん作ってくれました。

春の野の花を、少しずつたくさん挿したいな、と夢見る窓辺です。

◇モール小鉢(小・大)
◇口巻モール小鉢

小さめの底から朝顔のようにぱっと広がる形がきれいで、
食べ物がよく映えます。
テーブルに落ちるモール模様の影も美しく、素朴で可憐な美しい器です。

◇たるグラス

手のひらにころんと収まるコップ
今回のスカイブルーは清々しく冴えています。

色の出方も毎回少しずつ異なるのが、潤さんの再生ガラスのおもしろみです。

今回のこの淡いグリーンは独特な雰囲気です。

若草色のような、海藻からつくった寒天のような、、なんとも言えない良いかんじです。
例えがいまいちでしょうか。

◇栓付瓶(小)

心惹かれる佇まい。

◇モールロックグラス

定番の7色全て入荷しています。
潤さんが修行された、沖縄を彷彿とさせるロックグラス。

関東では冬が影をひそめ、これからどんどんグラスの出番が増えますね。

◇ピッチャー

福岡の民陶、小石原焼の太田哲三窯に生まれた潤さん。
陶器に囲まれて育った環境が、やはり独自の造形感覚を養っているのだなと、
ピッチャーの形からみてとれます。

 

まだまだたくさんあるので、次回また紹介したいと思っています。

 

◆3/9(金)15時頃〜 太田潤さん 在店

◆3/10(土)16時〜17時 太田潤さんギャラリートーク
(席に限りがありますので、事前にお申し込み下さい)

 

《 太田潤 手吹き硝子 展 》開催のおしらせ

太田潤 手吹き硝子 展

会期:2018年 3月9日(金)〜 3月19日(月)※火曜定休

場所:手しごと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福岡の民陶・小石原焼の窯元に生まれた太田潤さんは、
沖縄で修行した後地元に戻り、工房を開きました。

潤さんならではの感覚と
再生ガラスから生まれる
大らかさと素朴さ、温もりが感じられる器です。

是非ご覧下さい。

 

◆初日3/9(金) 15時頃からと、3/10(土) 、太田潤さんが在店します。

◆3/10(土) 14:00〜15:00  ギャラリートーク

普段なかなか聞く機会のない、お仕事のことなどをお話しいただきます。
参加ご希望の方は、電話(03-6432-3867)かメールフォームよりお申し込み下さい。
お待ちしております。

小鹿田焼並びました

店頭の小鹿田焼

黒木富雄窯、黒木史人窯に

あらたに柳瀬晴夫窯を追加しました。


9寸皿 (φ27cmほど)

熟練陶工の正確なロクロ技術により、
薄くひかれ、大きめでも比較的軽いので、日常的に使いやすいお皿です。

 

小田中耕一 季節の型染め絵

「雪国だより」も、2/12(月)までと、終わりが近づいてきました。

まだまだ風は冷たく、今年の雪国地方は猛烈な大雪に見舞われているところも多く、

より一層、春の訪れを待ちわびる日々。

しかし、東京・神奈川辺りでは、だんだんと梅もほころび始めています。

今回、「日本の手仕事カレンダー」の原画をいくつか展示しています。
岩手の染工、小田中耕一さんによるものです。


2017年 3月 流し雛


2017年 5月 セロ弾きのゴーシュ


2016年 10月 かるい


2013年 12月 餅つき


2013年 3月 箕(み)と籠(かご)

日本の季節の手仕事や、風物の楽しみが、ぎゅっと込められています。

型染めは、まず紙に型を彫って、布や紙に染めつける技法で、
絵は単純化、模様化されます。

物事の大切なところを上手にくみとり、端的に表現できるのは、
優れた観察力、デッサン力に裏付けされているはずですが、
どこをとってもどこか愛嬌のある仕上がりは、小田中耕一さんの魅力ですね。

期間中、お好きな絵の額装品の注文を承っています。

完成品は、下の鯉のぼりの額絵のようになります。

額外寸:w20.4 h15.2cm
価格:6,400円(税別)
こちらは、現在販売中です。

お花見や紅葉狩りをはじめ、四季を楽しむ事に余念のない人は多いと思います。

季節をあらわす二十四節気。
さらに細かくは七十二候までわかれ、すべて名前があるというのですから驚きです。

2月9日の今日は、「立春」の「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」。

ホーホケキョが待ち遠しいですね。

 

 

 

 

「雪国だより」はじまりました

今日から「雪国だより」がはじまり、

店の雰囲気もガラリと変わりました。

雪国ならではのさまざまな手仕事が届いています。

かご・ざる・木桶・裂織・手吹きガラス・型染め絵・ホームスパンマフラー・・・

中でも強い存在感を放つ「蓑(みの)」は、象徴的な物として、
鎌倉 もやい工藝から収蔵品をお借りし、展示させていただきました。
(非売品)

かつて、積雪の多い山間部では、生活道具のほとんどを身近な材料で作る必要がありました。
この蓑は、シナの樹皮と麻ひもで作られています。
10年ほど前に作られたという比較的新しい物で、
今では、新品を目にする機会はそうそうないかもしれません。

これからもずっと長く使っていきたい、美しく、優れた手仕事の数々です。

「雪国だより」から(2)

前回に引き続き、カゴを中心にご紹介します。

 

宮城・篠竹細工

宮城県の篠竹(しのだけ)細工です。

肥料ふりカゴと言う名がつけられた農具です。

篠竹と桜の皮、藤の蔓を用いて編まれます。
この集落では古くから作られてきたものですが、
今や作り手はごくわずかしかいません。

竹と桜のそれぞれの色のコントラストが映え、
なだらかな曲線を描いた形も美しいです。

 

岩手・真竹細工

岩手県の北部、一戸で作られる真竹(まだけ)細工です。

今回、小さめの「かいばかご」をお願いしました。
古くからつくられていた農具から取り入れたデザイン、
力強く堂々とした形です。

真竹は本来温暖な地域で自生し、その強靭さを活かして
農具や漁具など実用品に広く用いられます。
一戸では真竹は採れませんが、県南部から竹を入手し、
地元の実用に耐えうる竹細工を作って来ました。

 

長野・戸隠 根曲がり竹細工

根曲がり竹は、主に東北や長野の山間部に自生する竹です。
深い雪に耐えうるしなやかさと強さを合わせ持ちます。

神話の地・戸隠では、古くから地元名産の蕎麦を供するためのザルをはじめ
様々な日用品、実用品を作るのに用いられてきました。

水分にも強いため、茶碗かごとしてもその特長を発揮します。

縁は、竹を燻して飴色にしたもので巻いています。
緑と茶色のコントラストが美しいです。
竹の色は徐々に黄色から飴色に変化して行きます。

「雪国だより」から(1)

「雪国だより」1月27日からはじまります。
雪の降る土地から届いた、温もりのある手仕事をご紹介してまいります。

まずは、樹皮や竹を使って編まれたカゴから。

 

岩手・二戸 スズ竹細工

寒冷地に生えるスズ竹で編まれたカゴです。
細く、柔らかく弾力のあるスズ竹は、
古くから竹細工に用いられてきました。

手のついたユニークな形のカゴは「豆腐かご」という名前で、
その名のとおり、豆腐を運ぶために作られたものです。

柔らかいスズ竹は、このような箱のような形状にもしやすく、
弁当箱や、書類や本を入れる箱も作ることができます。

 

河口湖・スズ竹細工

同じスズ竹ですが、こちらは山梨の富士山麓で採られたスズ竹で編まれています。
関東からほど近い土地ですが、甲州郡内ザルとよばれ、
蕎麦ざるや米研ぎざるを数多く生産してきました。

 

秋田・イタヤ細工

イタヤ=イタヤカエデは、山地を中心に自生するカエデ科の植物です。
秋田県仙北地方では、古くから箕をはじめとした農具を作るための
材料として使われてきました。軽くて丈夫な性質を持ちます。

枝の樹皮を剥き、編める程度の厚さになるまで裂いてから編まれます。
柔らかくて艶のある、なんとも上品な白色です。

「オボキ」と呼ばれる物入れです。
昔は、麻やからむしなどの糸を入れるために使われていました。
竹などと違い、表面がツルツルしていますので、
毛糸の物などを入れても引っかかりにくいです。

 

竹カゴは他にもまだまだございます。
改めてご紹介しますので、どうぞお楽しみに。