作成者別アーカイブ: 手しごとスタッフ

8/1〜『倉敷と民藝』@SPBS

今年も「SPBS」さんにて、企画展示販売をいたします。

渋谷区神山町、奥渋谷とよばれるエリアにある
「SPBS / SHIBUYA PUBLISHING AND BOOKSELLERS」さんは、
「出版する書店」として、本と編集の力で、さまざまなことを発信しているおもしろい本屋さんです。
サイトはこちら

今回は「倉敷と民藝」がテーマです。

倉敷で「民藝」は独自の広がりをみせて、いまに引き継がれています。
そこには、柳宗悦に共鳴した人々ー大原美術館を設立した実業家の大原孫三郎や、倉敷民藝館の設立や指導者としても民藝運動を率いた外村吉之介らの尽力がありました。

 

【倉敷ガラス】

日本の民藝ガラスの草分け、小谷真三さんと、後継者の小谷栄次さんの2人が作る「倉敷ガラス」。
外村吉之介から促され試行錯誤して作りはじめた吹きガラスの器は、人々を魅了しました。
「健康で、無駄がなく、真面目で、いばらない」という外村先生の言葉を大切に、今も作られています。


コップ 小


小鉢


ワイングラス 大

 

【倉敷本染手織研究会】

外村吉之介が、弟子の育成とよりよい織物の普及を目指して昭和28年に開いた「倉敷本染手織研究所」では、「美しい暮らし」を実践しながら、技術と心を学びます。
そこで教えられるひとつ、外村考案の「ノッティング」という椅子敷は、当時としてはハイカラなもので、その愛らしさが現代の暮らしにも合い、人気となっています。
研究所の卒業生の製作品を販売しています。


少し珍しい木綿のノッティング
藍染め糸の濃淡が美しい

 

【倉敷緞通】

「緞通」とは「絨毯」のことで、倉敷で栽培が盛んだったイグサを裏地に用いた敷物です。
表地は再生繊維のレーヨンと麻の混紡糸で、さらりとした肌触りで通気性がよく、日本の気候に合った絨毯と言えます。
度々倉敷を訪れていた柳宗悦の目に止まり、染色家 芹沢銈介に縞模様のデザインを頼み、「倉敷緞通」の名付け親にもなっています。
一度生産が途絶えましたが、現在は瀧山雄一さんが引き継ぎ、製造を一手に担っています。


テーブルランナー 小


テーブルセンター 大(床の敷物にもできる大きさです)

 

【須浪亨商店】

1886年創業。
イグサ栽培とイグサ製品の生産が盛んだった倉敷で、花むしろを製造していた家業を5代目の須浪隆貴さんが引継ぎ、現在ではイグサのかごを製造しています。
少し前の倉敷で日常的に使われていた買い物かご、瓶さげかご、すいかかごなどを、若き5代目が精力的につくりはじめたことで、今また新鮮にとらえられ、使われはじめています。


いかご(大小あり)

 

テーマ以外の小鹿田焼、やちむん、砥部焼、各地の吹きガラスも並びます。

—————————————————————————

『倉敷と民藝』

2019/8/1(木)〜8/21(水)

SPBSにて
〒150-0047 東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
TEL:03-5465-0588

—————————————————————————

 

 

 

「夏の染と織」から 佐藤多香子さんの織物

初日の今日、たくさんの方に足をお運びいただきまして、どうもありがとうございました。
みなさん時間をかけてじっくりご覧いただいてるようで、とてもうれしく思いました。
小さな店に所狭しと並べているため、見づらいことがあるかもしれません。
畳んであるものは、どうぞご遠慮なく広げてみて下さい。

さて、間に合っておりませんが、今日は佐藤多香子さんの織物を紹介します。

涼しげで、思い切って店の正面にかけてしまった麻のれん。
藍のたて絣がとても素敵です。

ズームアップ!

糸に先染めし、織って模様を表す「絣」という技法。
模様がすっと消えていく余韻があります。
絣の美は揺らぎの美。境界のない美しさです。

規則的な模様のなかで、どこかのんびりと大らかなかんじの絣が、
ざっくりとした麻の風合いによく合っていて、
ああ、たかこさんだな、と思います。
素材と手を動かす人の心が、自然な反応を起こしているようです。

 

さて、もちろん裂織もいろいろ届いています。

トートバッグ1

トートバッグ2

ワンショルダー1

ワンショルダー2

あたたかみのある裂織ですが、きっちりと織られたものは肌への接触面が少なく、
意外な程すっきりとここちよい肌触りで、夏にもおすすめです。
洗濯もできますよ。

テーブルランナー

 

コースター

裂織の優しい手触り。ぜひ手に取っていただけたらと思います。

 

 

7/20〜「夏の染と織」から 山内武志さん染物

今年は梅雨が長引き、まだ夏本番とはいきませんが、

静岡・浜松の山内武志さんから、楽しく美しい染物がたくさん入荷しました。

手ぬぐいからのれんまで、日常使いの健やかなお仕事の数々。

山内さんの朗らかな笑顔が思い起こされます。

(山内さんについては去年のブログもあわせてどうぞ)

 

麻のれん 藍 段染め絞り

 

麻のれん 藍 型染め

 

麻のれん 藍先染め絣地に柿渋染め

 

木綿のれん 板締め絞り

 

木綿のれん 型染め(両面)

麻 銘仙判座布団

木綿 小座布団

 

卓布 大小

 

風呂敷

 

テーブルスロス

 

手ぬぐいも素敵な柄がたくさん届いています。

ぜひご覧いただきたいものばかりです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

7/20(土)〜「夏の染と織」開催のおしらせ

「夏の染と織」

今年の夏は、型染めを中心に「染め」と「織り」をお届けします。

2019/7/20(土)〜8/19(月)

手しごとにて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山内武志
のれん・座布団・風呂敷・卓布・テーブルクロス・手ぬぐい

小田中耕一
型染め絵

佐藤多香子
麻のれん・裂織バッグ/テーブルランナー/コースター/ポット敷

桂樹舎
型染め和紙小物

砥部焼 中田窯
染付のうつわ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会期中沖縄のやちむんやかご類も届きます。

どうぞ夏の暮しの楽しみに。

 

 

 

奥原硝子製造所ー「手しごとのガラス展」開催中ー

ただいま開催中の「手しごとのガラス展」より、沖縄の奥原硝子さんのものの一部をご紹介します。

まず、私たち的には奥原硝子を代表する名作、ペリカンピッチャー。
かつて故・久野恵一さん(当店の元オーナー)が、
外村吉之介著「少年民芸館」に掲載されている
イタリア製の水差しを見本に、製作を依頼したものです。
持ち手の位置と均整のとれたフォルム。この上なくバランスのとれた美しさです。
そしてそれが一定のクオリティで作り続けられるのは、
職人を抱える分業体制で多くの数をこなす強みと言えましょう。
左から青、ラムネ、紫の3色が今ならあります。
青や紫の色付きも、持ち手が同色でなくクリアカラーなのがセンスいい!ですね。


名前の由来のこの注ぎ口は、中に入れた氷が注いだ時に飛び出してガラばしゃっ!とならない優れものです。


こちらはしゅっとしたフォルムの特中ピッチャー(大、小)


アイスペール お花やグリーンを生けても涼しげで素敵です!


中鉢は厚手でどっしりしています。何に使いましょうか?


こちらも厚手でどっしり大ぶりな玉つきアイスクリーム鉢。

気になるものがございましたらお気軽にご連絡ください。(通販も可能です)

奥原硝子製造所は再生ガラスから生まれ、ずっと再生ガラスにこだわってきました。
そのあたたかみのある質感とおおらかな形は沖縄の風土を映すようです。

6/8・9 出張展示会のお知らせ @秋田男鹿 里山のカフェににぎ

「初夏の手仕事 展」〜 星耕硝子×手しごと 展示・販売 合同展 〜

日程:2019年 6月8日(土)・9日(日)

時間:11:30~16:00

会場:里山のカフェ ににぎ 〔お座敷ギャラリー スペース〕 にて

住所:秋田県男鹿市北浦真山字塞の神下14番地

駐車場:同会場 (*満車の場合は 会場スタッフまでお問い合わせください。)

2019年 6/8(土)・9(日)『初夏の手仕事 展』 〜「民藝のある暮らし 手しごと」×「星耕硝子」 展示・販売 合同展 〜

この度、いつもお世話になっている星耕硝子さんよりお声をかけていただき、
秋田は男鹿半島「里山のカフェ ににぎ」さんにて、展示販売合同展に参加させていただく運びとなりました。

東京のお店から飛び出して、日本各地の手仕事を携えて参ります。
2日間という短い時間ですが、みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。
星耕硝子の伊藤亜紀さんとともにお待ちしております。
お近くの方は、ぜひ足をお運び下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

なお、期間中、店舗は通常どおり営業しております。

 

太田潤手吹き硝子工房「手しごとのガラス展」2019

5月とは思えぬ暑さです。
ガラス展にはもってこいの陽気。

今日は、福岡の太田潤さんをご紹介します。

沖縄で再生ガラスの作り方を見て学び、福岡で工房を立ち上げた太田潤さん。
窯を一から手作りし、そこでほとんど初めて実際にガラスを吹きはじめたという、
開拓者のような驚異の手仕事精神を持っています。
しかしその人柄はいたって朗らか。
生きる力の勢いをそのまま感じられるような、潤さんの手仕事をどうぞご覧下さい。

※じるしがついている大きめのものは、6/8(土)までの期間限定の展示販売品です。


栓付瓶 ※
どっしりとした風格のある一品。


扁壺 ※


首長瓶 ※



口返しピッチャー



首巻瓶 ※




ピッチャー(紫)※
なんとも不思議な存在感があり、
ずっしりと重く「塊」を思わせます。



大鉢 ※


モールロックグラス
ラムネ・スカイブルー・青



口巻モール小鉢


口巻モール中鉢


ワイングラス(モール入り)



大皿
こちらは少しマーブル模様のようになっています。



小さい花さし
形と色の組み合わせ、いろいろ届いています。






ペンダントライト
ラムネ・緑・無色クリア・紫

 

 

「手しごとのガラス展」は、6/24(月)まで開催しています。