長岡 佐藤多香子さんの織物

新潟県長岡市から佐藤多香子さんの織物が届いています。
藍を基調にしたものが多く、蒸し暑い夏に涼しい風を呼び込んでくれそうです。
気に入ったうつわの下に敷いてみましょう。
ぐっと素敵な一角になります。

DSC_2727
市松テーブルセンター(紺/浅葱格子)
26cm×40cm ¥4,200(価格は全て外税です)

DSC_2729
アップ。
いろんな濃淡の藍色が使われていることがわかります。
照明の影響で全体に黄味がかって写ってしまいましたが、あさぎ色の格子に白が冴えて美しいです。
是非実物をご覧いただきたいです。

DSC_2734
26cm×60cm ¥6,000
栓付瓶がさらに素敵に感じます。

DSC_2726
裂織 テーブルランナー
/藍濃淡 19cm×61cm ¥4,600
/藍大格子 22cm×65cm ¥6,000

DSC_2725

DSC_2704
裂織 ポットマット
19cm×19cm ¥3,200

DSC_2703

DSC_2717
この厚み、頼りがいがあっていいですね。
色合わせが絶妙に素敵です。

DSC_2735
裂織 コースター
11cm×11cm ¥900

DSC_2739

出会えた古布により表情の異なる裂織は、ある意味偶然性の高いものですが、その分、織り手のセンスが色濃く現れます。
一度役目を全うした布を裂いて、もう一度厚手の布として生まれ変わらせる。
裂織は、元は庶民のつつましい暮らしの中から生まれています。
上手な人も下手な人もいたでしょう(笑)。
佐藤多香子さんの織るものは、素朴で嫌味ない美しい裂織です。
布の表情を感じとり、バランスのとれた模様の中に、自然界の美しさに似たものを織り込む。
優れたセンスを持つ人がなせることです。

是非手に取って感じてみて下さい。

手しごと 山藤